カテゴリーから探す

News Release

ニュースリリース

Menu

ニューバランス 高機能グラフィックTシャツ「9 BOX」“From TOKYO to the World”がテーマのコレクションを発売

 “Fun for Sport, Fun for NB”をコンセプトに、様々な分野で活躍するアーティストがテーマに基づいたグラフィックをデザインする高機能グラフィックTシャツコレクション「9 BOX」に新作が登場します。今回のテーマは“From TOKYO to the World”。12人のアーティストがそれぞれの“From TOKYO to the World”をグラフィックで表現しました。
https://shop.newbalance.jp/shop/e/eEnb-app-9box

「9 BOX」は“Fun for Sport, Fun for NB”をコンセプトに、3人のアーティストが3スタイルずつ、合計9つのデザインで発表するグラフィックTシャツコレクション。高い吸水速乾性を誇る機能素材でありながら、柔らかく自然な風合いのボディとコットンライクな肌触り、トレンド感あるビッグシルエットもあいまって、ファッションにもスポーツにも“Fun” をもたらします。
今回のテーマは、「From TOKYO to the World」。通常は3人のアーティストによる3スタイル、計9つのデザインで発表しているコレクションですが、今回は12人のアーティストが参加したスペシャルバージョンでお届けします。多岐にわたり活躍をする12人のアーティスト、「竹井千佳」さん、「綿谷寛」さん、「黒木仁史」さん、「Jun Oson」さん、「イフクカズヒコ」さん、「目黒ケイ」さん、「辻野清和」さん、「石川真澄」さん、「ますだみく」さん、「SHOGO SEKINE」さん、「SHUN NAKAO」さん、「白根ゆたんぽ」 さん がグラフィックデザインを担当。“From TOKYO to the world”をテーマに個性光るグラフィックを「9 BOX」に落とし込みました。ファッションやスポーツなど、様々なシーンを「9 BOX」と共にお楽しみください。

商品詳細

サイズ:S,M,L,XL
価格:6,490円(税込)
販売店舗: 
ニューバランス公式オンラインストア https://shop.newbalance.jp/shop/e/eEnb-app-9box
ZOZOZTOWN New Balance https://zozo.jp/shop/newbalance/
ニューバランス原宿
ニューバランス銀座
ニューバランス六本木19:06
ニューバランスお台場
ニューバランス新宿小田急ハルク
ニューバランス玉川髙島屋S・C

  • コラボレーションアーティスト

【竹井千佳】

<コメント>
ウェーブで盛り上げる女の子たちをピンクをさし色にして表現しました。

<プロフィール>
栃木県宇都宮出身。イラストレーション青山塾イラストレーション科修了。会社員を経てフリーのイラストレーターに転身。書籍や雑誌、ポスター、オンライン広告、テレビ番組スタジオデザインなど様々な媒体で作品を提供する傍ら、国内外で個展を開催。女性のモチーフを用いて表現するのを主とし、色彩はポップでカラフルだが、女性の様々な感情を描くのを得意とする。近年、作品はメディアでも取り上げられ注目を集めている。最近では、TBS「夢なら醒めないで」のスタジオデザインや、2018年9月に引退された安室奈美恵さんの展覧会「Final Space」で販売された公式グッズのイラストレーションを担当するなど幅広く活動中。

【綿谷寛】

<コメント>
今回”TOKYO “がテーマということで、国際都市をイメージし、国籍や肌の色の違う子どもたちが楽しく遊んでいるイラストを描いてみました。

<プロフィール>
イラストレーター
1957年東京生まれ。小学3年生のときに10歳上の兄のメンズクラブを盗み見してお洒落とイラストレーションに目覚める。セツモードセミナーを経て、1979年に雑誌『ポパイ』でイラストデビュー。
50年代アメリカのイラスト黄金期を彷彿させる正統的ファッションイラストと、コミカルなタッチを自在に使い分ける、日本を代表するメンズファッションイラストレーター。雑誌『メンズクラブ』や『メンズEX』『ビギン』などで、長年にわたり連載を続け人気を博している。

【黒木仁史】

<コメント>
架空の惑星「TOKYO」から架空の衛星「WORLD」へ宇宙旅行をするイメージです。僕が子供の頃は世界というのはそれぞれが遠い存在でした。今は様々なアプローチで世界と容易に繋がることが出来ます。バルーンはその象徴です。

<プロフィール>
鹿児島出身、東京在住。大阪芸術大学デザイン学科卒業後、フィギュアイラストレーター・デハラユキノリ氏のアシスタントを経て、フリーのイラストレーターとして独立。ファッション&カルチャー誌、アパレル、テキスタイル、広告、CM、CDジャケットなどのイラストを手がける。

【Jun Oson】

<コメント>
This is the New Tokyo Balance.

<プロフィール>
鎌倉在住のイラストレーターでアーティスト。作家活動の他に、広告やアニメ、装丁やグッズデザインなどジャンルを問わず幅広く活動中。

【イフクカズヒコ】

<コメント>
髪の模様の花や植物のひとつひとつは、その人が得た「経験」をイメージしています。日常でのチャレンジや出会いなど様々な経験の組み合わせで生まれる自分らしいスタイルで毎日を楽しんでほしいとゆう思いを込めました。

<プロフィール>
カラフルな色彩と力のぬけた線が特徴。2007年「FUNKY802 digmeout オーディション2007」、2018年 UNKNOWN ASIA「イープラス賞」を受賞。主な仕事として、JR大阪環状線ラッピング列車「OSAKA POWER LOOP」アートワーク,伊勢丹新宿店「世界を旅するワイン展」メインビジュアル、BEAMS「GreenMagic」トレーラーデザイン、PRONTO「あさのラテ」カップデザイン、TSUTAYA福岡空港店ブックカバー等がある。また、雑貨ストア「ASOKO」からウルトラマン、ドラえもん、ミニオンズ、サンリオ等とコラボしたグッズが発売され話題に。
https://www.kazuhikoifuku.com Instagram:@kazuhiko_ifuku

【目黒ケイ】

<コメント>
日本の国旗とニューバランスのロゴの赤を基調とし、強さの中にも優しさ、柔軟でしなやかなこれからの時代を象徴する女性(ひと)のポートレート。トラディション(伝統)を敬いながら、みんなでこれからより国際的になる世の中に希望をもてればいいなぁと、思いを込め描きました。

<プロフィール>
東京都生まれ、ブルックリン在住のイラストレーター/デザイナー。NYのSchool of Visual Artに学び、グラフィックデザインBFA取得。
ペンシルとデジタルを融合させた写実的なドローイングで、現在は世界各国のクライアントからイラストレーションとデザインの依頼を受けている。

【辻野清和】

<コメント>
靴はNew Balance以外履かないと言っていいほど好きなのでお話しいただいた時は大変嬉しかったです。今回の作品はとにかく前向きな明るいものにしたいと思い作りました。苦しい環境や状況はあると思います、でも暗い顔をしていても何の得もありません。ポジティブな思考で今できることを楽しんでほしいと思います。

<プロフィール>
大阪生まれ大阪育ち。大阪のラジオ局FM802支援のdigmeoutに在籍。10年以上服の販売員として働いたのち、インスダグラム、Unknown Asiaなどをきっかけにフリーのイラストレーターになる。シンプルな人物画を中心に表現を続けており、創作活動のテーマは「観てくれた人が、少しでも幸せな気分になってもらえるように」。作品は主にInstagramなどで公開。

【石川真澄】

<コメント>
今回は影絵をテーマに制作しました。好きな猫の影絵を作る手を浮世絵の様式で描くことで何か新しい表現ができないかという意図を込めた作品です。 筆記体で記した「New Balance」の「New」を「Mew」(英語での猫の鳴き声)にしています。

<プロフィール>
1978年東京生まれ。2000年に六代目歌川豊国に師事。まもなく六代目が他界したため、独学で浮世絵表現を習得し画家、絵師として独立。『DAVID BOWIE』浮世絵(ロンドンの大英博物館に所蔵)、『New Era』とのプロダクト開発や『STAR WARS 歌舞伎』等幅広い活動を展開している。今昔ラボ主宰。
https://www.konjakulabo.com/

【ますだみく】

<コメント>
My life is mine / 私の人生私のもの
周りの模様は世界地図イメージし、日本である東京から発信、新しい時代に塗り替えていくという強い意志をイメージしました。

<プロフィール>
イラストレーター・漫画家。センチメンタルや恋愛をテーマにイラストを制作。広告や雑誌、アーティストとのコラボなど数多くの分野で活躍。また、KADOKAWAから2冊の書籍を出版している。
Instagram: @moko__to__moko
Twitter: @_mokotomoko_

【SHOGO SEKINE】

<コメント>
自分が世界の中心にいるんだと思い込むことでクリエイティブなアイデアや行動を起こせるのではないかと思い今回のアートワークに落とし込みました。世界は大きくて広いが、自分の立ち位置の視点を変えてみることで新たに見えてくるものもあるのではないかと思います。
<プロフィール>
1983年東京都生まれNY育ち。2013年よりイラストレーターとして活動開始。
ファッションイメージをベースにタイポグラフィー、図形、花植物を組み合わせたイラストをスタイルとし、
雑誌・広告・アパレル・プロダクト・テキスタイル・空間など様々な分野でアートワークを提供中。
Instagram:@shogosekine0319

【SHUN NAKAO】

<コメント>
「新たな一歩」をテーマに。新しいもの新しいことを始める時、年々リスクを恐れてしまう。安全第一はもちろんですが、時にはリスクを恐れず、がむしゃらにチャレンジして欲しい。そういう思いを込めて描きました。

<プロフィール>
1992年兵庫県朝来市生まれ、大阪市在住。大阪芸術大学デザイン学科卒業後、アーティスト活動を開始。並行して、2012年に同大学同期で結成されたアートグループ『透明回線』のペインターとしても活動している。幼少の頃から、80年代ファッションや音楽、日本の漫画文化に影響を受け、人のギャップや個性を最大限にビジュアル化することをテーマに作品を制作。 様々なグローバル企業とのコラボ作品や雑誌紙面ライブペインティング、壁画制  作など、多方面で作品を制作。

【白根ゆたんぽ】

<コメント>
女の子が指をさしているのは「あっち」かもしれないし「こっち」かもしれません、ともかく今とはちがう「どこか」だったり「なにか」だったり。ニューバランスの「New」にそんなイメージを乗せてみました。

<プロフィール>
1968年埼玉県生まれ、東京都在住。桑沢デザイン研究所卒業後フリーのイラストレータとして活動をスタート、シンプルな描写で女性を描くスタイルで幅広いジャンルのクライアントワークを受ける一方で、デジタルペイント、ドローイング、油彩、水彩など様々な手法を用いて個展、企画展などで作品を発表する。近年は海外での個展、アートフェアへの出展も行う。
Instagram: @yuroom

この記事をシェアする
FacebookTwitterLine

一覧に戻る

error: このページの画像データのダウンロードは禁止しております。