カテゴリーから探す

無題ドキュメント

News Release

ニュースリリース

Menu

「流れにまかせる」 田中希実選手の子ども時代から現在までを彼女自身の言葉でたどる2万字におよぶインタビューを公開

ニューバランスがサポートを続けるTeanNB(チームエヌビー)のアスリートたちの本質的な魅力に迫る2万字を超えるインタビューコンテンツ「NB20000」がスタートします。アスリートが自分自身を語る言葉に耳を傾け、そのチャレンジをともに応援していくためのプロジェクトです。

第一回は、現在1000m、1500m、3000mの女子日本記録を保持し、世界の舞台での活躍を続ける田中希実選手。2022年5月までに複数回行われたインタビューでは「ただただ、本を読むために走っていた」子ども時代から「走りで世界を見てみたかったけれど、見られるレベルにはまだまだ届いていなかった」高校時代、陸上と授業の両立ができなくても「ちょっと自分の限界を見に行ってみるか」と面白がる大学時代、そして卒業し思い切り陸上に打ち込めるようになった今に至るまでを彼女自身の言葉でたどります。
まだ誰もやったことがないことにチャレンジするための新しいトレーニングに「わくわくするんです」と取り組み、自分と世間、自分の理想とのギャップを感じながらも、「ちゃんと追いかけないといつまで経ってもたどりつかない」目標を成し遂げていくために「流れにまかせる」柔軟さで世界の舞台に飛び込んでいく。6章、2万字を超える田中希実選手からつむぎ出される数々の言葉を、ぜひごらんください。
URL:https://shop.newbalance.jp/shop/pages/nb20000.aspx

NB20000 第一回 田中希実

「もっと先へゆくために。新たな挑戦を楽しみながら、流れに身を委ねたい」
01 : 流れ
「この流れになんとか逆らえないかと、もがいた」

02 : 没入
「本の世界に入り込んでいるときも、本当に集中して走れているときも、周りの声は聞こえなくなる」

03 : 心地よさ
「自分が、大会の一部にちゃんとなじんでいるって、自信があった」

04 : ルーティン
「レースでちょっとでも収穫が得られたら、ベストが出なくても気持ちは明るくなります」

05 : 未知
「これは、あのときの脚だ、って感覚」

06 : ギャップ
「ちゃんと追いかけないと、いつまで経ってもたどりつかない」

<田中希実選手プロフィール>
1999年9月4日生まれ。兵庫県出身。豊田自動織機所属。元実業団競技者の父とマラソンで名を馳せた母のもと、陸上競技に囲まれた家庭環境で育つ。中学、高校時代より国際レベルの実力を発揮。大学進学後はクラブチームでの活動で父のコーチングを受け、実業団入りした現在も師事を受ける。スピードが要求される中距離種目で数々の日本記録を更新。長距離種目でもそのスピードとスタミナで圧倒する走りを見せる。東京五輪1500mでは日本人初の決勝進出・8位入賞を遂げた。今季日本選手権では1500m 3連覇、5000m優勝の2冠を達成。

「NB20000」では今後もニューバランスの視点で選手をフィーチャーしたインタビューを予定しています。2人目は萩谷楓選手。ぜひ楽しみにお待ちください。

■Fearlessly Independent Since 1906
ニューバランスは1906年にアメリカのボストンで誕生して百十余年、プライベートカンパニーであり続けていることに誇りを持ち、米国国内でのシューズ製造を現在も継続し、世の中に流されることなくブランドの独自性を貫いてきたブランドです。自らの独自性、それは勇気と自信の表れであると考え、その“強さ”をDNAとして恐れずに突き進めてきたことを“Fearlessly Independent Since 1906”として掲げています。
2020年よりグローバルブランドプラットフォーム“Fearlessly Independent Since 1906”のもと、“今”を生きる人々が周りに流されることなく、恐れず勇気をもって前に進むことをたたえ、“今”こそ、積極的な行動を起こしカルチャーを活性化させる時であると宣言する新たなブランドキャンペーン“We Got Now”をスタートしています。

この記事をシェアする
FacebookTwitterLine

一覧に戻る